社会保険労務士とは

社会保険労務士とは?

社会保険労務士 = 会社で働くヒトを管理する仕事

社会保険労務士は、労働安全基準法に基づいた「安心して働ける環境」を作ることが仕事です。
お給料・労働時間・休暇といった労働条件の整備や、従業員の産休・育休などに関する届出、人事・雇用・経費に関するコンサルティングなどを行います。

経営者も従業員も安心して働ける環境をつくるために、その会社・人にとって最適な制度を教え、法律をわかりやすく説明し、書類の作成や手続きの代行をしています。

社会保険労務士の業務

1号業務
労働社会保険諸法令に関する申請書や届出書を、企業に代わり作成し届出ます。電子申請による送信代理も社会保険労務士は単なる代行ではなく、代理権を持って行います。また、行政機関からの調査の立会いや処分を受けたときの主張、陳述も含まれます。
2号業務
労働社会保険諸法令により、企業は労働者名簿、賃金台帳、労使協定などの書類を備えつけることが定められています。社会保険労務士は、これらの書類を企業に代わり作成します。この業務は社会保険労務士の独占業務とされています。
3号業務
人事や労務に関するコンサルティングも社会保険労務士の仕事です。この業務は社会保険労務士以外(例えば、人事総務コンサルタントと名乗る無資格の人や中小企業診断士など)も行うことができます。しかし、社会保険労務士は労働社会保険諸法令に関する唯一の国家資格者であり、知名度、信頼性もあり、幅広い知識、実務に精通しているのでかなり有利です。

具体的な業務

  • 助成金申請業務
  • 安全衛生規則の作成・改定
  • 賃金規定の作成・改定
  • 退職金規定の作成・改定
  • 企業年金の導入
  • 給与計算や賃金台帳の作成
  • 就業規則の作成・改定
  • 労使協定の締結
  • 労務管理
  • 雇用継続対策業務
  • 人事評価制度の導入
  • ADR業務
  • 行政機関からの調査や処分を受けたときの主張、陳述
  • 労働社会保険諸法令に関する届出
  • アウトプレースメント(退職する社員との円満解決業務)
  • 労働社会保険諸法令相談業務(育児・介護休暇、有給、労災、年金など)